b0045387_23512941.jpeg

「憧れに身を置くことで、自身をあげる」
これまでの私は、少し違って捉えていたかも。

・   ・   ・   ・  ・

たくさんのミラクルに恵まれ、
この夏休みは、憧れていたホテルの憧れのお部屋を予約し、
その素晴らしさに、満たされてきました。

レストラン、宿、お店、どんな場所でも
本物、一流と呼ばれる場所には、
オーラがあると感じます。
本物ならではの、凛として、
スタイルが確立されている感じ。

高級かどうか、価格の問題じゃなくて、
そこを作っている人たちの心意気、こだわり、質。
つまり、ブランド意識、ですね。

一流の場所に身を置くと、
ここに相応しい私でありたい、
サービスされるに足る私でありたい、と感じ、
自然に立ち振る舞いも変わってくると気づきました。

「憧れの場所に身を置くことで、
理想の自分に近づける」

私は少し勘違いしていて、

「場所の力で自分を上げてもらう」
「場所の力で自分が上がった気になる」
という感じに受け止めてたんですね。

でも!違うんですね。

「場所に見合う自分になろうと意識できる」
ということなんですね。

素晴らしい経験をしました。
と、同時に、
自分にとって本当に良いものを選びとれる目、
なぜ良いのかにきづけるめを磨いていき、
それをクライアント様に循環させていける私でありたいです。


[PR]
by colorfuldays | 2016-09-10 23:50 | 自分探求

本当に辛い状態にあるときは、
目の前のことに精一杯で、
なかなか、引いて見るのは難しいかもしれません。

でも、辛いことの後にどんな時間が来るかは
やっぱり、
その辛い出来事に対して
何をしたか、
どう考えたか、
…にかかってきます。

もちろん、
すぐに前向きになれなくてもいいし、
周囲の人の力を、たくさん借りてもいいんですよー。
気持ちがしっかりしてくるまでは、
グダグダでも、全然オッケー。

ただ、心のどこかで「逃げない」って
決めておくだけで大丈夫です。

そして、気持ちがしっかりしてきた後は、
その出来事を「1番良いと思える捉え方」で
見てみて欲しい。
楽な、じゃなくて、良い、ね。

私もここに来るまでの長い人生、
本当に山アリ谷アリでした。
その中で、「これだけは」と決めていることがあります。

それは、ネガティヴな出来事が起きたとき

「出来事の後
より優しい、大きな人間になっていること」

「出来事や人を恨まない、誰かのせいにしない」

辛い最中に支えてくれた人たちから
一段と可愛くなった!ステキになった!
そう言ってもらえて、
ホッとして涙が出そうになったことも何度もあります。
私は、あの辛い時間を無駄にしなかった、って。

そうやって生きてきたらね。
この前、とある占い師さんに
「稀に見る懐の深い女性ですね!」
って言ってもらえました(*^_^*)

転んでもタダでは起きない!
そんな感じw

芯さえ失わなければ
ネガティヴな出来事は、必ずあなたを豊かにします。
必ず。



………
女性の幸せな生き方をサポート♡
幸せライフコンサルタント準備中のMayuです。
悶々としている大人女子のみなさん、
あなたらしい幸せのカタチ、いっしょに見つけましょう!
……………

[PR]
by colorfuldays | 2016-08-20 18:42 | 自分探求

好きな時に、
好きな場所で、
好きな人と、
好きな仕事をする♡

毎日を自分で決めて、
自分の足で歩いていく。

私の将来のワークライフスタイルです。

心豊かな人生を歩ける
とても幸せなスタイルだと思っていますが、
両親や周囲の反対が辛いという話も。

自分自身も周囲の人も、
これまで身についてしまった価値観の枠から
抜け出すのは大変、ということですよね。

で、ふと気づいたんです。
私、親の反対にあってない。。
具体的に話してもないけど、
1人で起業するーって言っても
「あ、そう。ま、どうやるかだな」
以上!みたいな、あっさりしたものです。
少なくとも、この点で私はラッキーなんだ、って。

理由はね…
私の父が、そうだったからw

父は自営業で、母と2人で仕事をしてます。
起きたい時間に起きて、
食べたいときに食べ、
お昼寝をし、買い物に出かけ、
毎日、気ままに暮らしていて、
でも、それなりに豊かな生活をしています。

私は物心ついたときから、その姿を見ているので、
全然、違和感がない。
私が組織に馴染みきれないのも、育ちのせいかもw

具体的な相談に持ってくれるわけではなく、
「知るか、自分でなんとかしろ」と言われますが、
反対されないだけでも、感謝ですね。

今まで気づかなかったけど、
起業を通じて、初めて、
ビジネスパーソン(というよりは商売人)としての
父のすごさをかみしめられるなりました。






[PR]
by colorfuldays | 2016-07-27 22:28 | 自分探求

好きなこと探し

この春頃から、割と真剣に起業準備をしてます。

どんなビジネス? どんな商品?
そこを一生懸命考えている途中です。
だんだん見えて来てるものの、
まだ、ビシッッとしっくりとは来てないです。

あれかな?これはどうかな?って思いついても、横から
「それで、ちゃんと生活できるだけ稼げる?」
って考えがもたげてくる。

そうすると、いつのまにか
何をしたいか、ではなく
何が出来るか、に考えの矛先が変わって行きます。
人より知見が多いことをピックアップし始める。

もちろん、それも大事な視点ですが、
幸せに稼いで行くのに一番大事なことは
根っから好き、楽しい、と思えることをやること。
そこを大事にしないと、オーラが出ないと思うんです。
人を引きつけないと思うんですよね。

「好き」と「特性、能力」が重なり合う部分を
自分の力で見つけ出して行く工程。
けっこうハードですw
一ヶ月かかって「自分史」を作って、
さらに一ヶ月かかって、それを深堀して・・
なーんてことをやっています。
やっただけのことはあった!・・と
後で思えますようにw



[PR]
by colorfuldays | 2016-07-14 23:29 | 自分探求

心の復活方法

b0045387_22464540.jpg
「なぜか ここに来ると 未来が明るく見える」
そんな場所が一つでもあれば きっと立ち上がれる

なんだかここにくると、すごくワクワクする
不思議と元気になる
そんな場所はありますか?

私の場合は、空港です。
なんでだろうなー。理由はわかりませんが。
現実的にやや遠いので、心が疲れたら行く、というような、
日常的な使い方はできてないけどw

旅好きなのが根源にあるとは思うけど、
駅とかじゃなく、空港がいいんだよな。
より遠くへ行けるからかもしれないですね。

なので、自分自身が旅するときだけでなく
機会あるごとに、誰かを迎えに行ったり見送りに行ったりするし
そんなときは予定時間より早めに行って
ロビーのカフェで本を読んだり、
送迎デッキで飛行機が飛び立つのを見ていたり、
空港の空気感を楽しむのが好きです。

そうしていると、なんだか心がワクワクして来て
未来が明るく見えて来て
心がクリアに、
アクティブに、
ポジティブになれるんです。

そんな場所を一つ持っておくと、
心が疲れてしまったり、なんだかなって状態になっても
ひとまず、そこに行ってみようって
解決策が用意されているから
少し楽なんじゃないかな。

みなさんの大切な場所
心に浮かべてみてください☆



[PR]
by colorfuldays | 2016-07-06 23:07 | 自分探求

心のチェック方法

b0045387_00334211.jpg
昨日の空の色 覚えてる?
心は 外の世界へ 開いてるかな?

自分の心に余裕があるか、疲れてないか、
ワタシなりのチェック方法です。

心が良い状態にあるときは、
目の前の世界の、小さな小さな美しさに、
ちゃんと気づけるんです。

不思議な形の雲
街の光
風の心地よさ
帰り道 ふと漂う蚊取り線香

心が良くない状態のときにも、
見えてない訳じゃないんだと思う。
目には映っているけど「見えて」ない。
つまり、気づけてない。

一日のうちに山ほどある「ほんの数秒の隙間」に
心の状態が出るのかもしれません。

電車の中
帰り道
ランチのオーダーを待つ間
洗濯物を干し終わったとき

何かにイライラしてたり、悩みがあるとき、
その「数秒の隙間たち」は、きっと、
イライラや悩みで埋め尽くされ、
心は全力で内側を向いているから、
例え、目にキレイな夕日が映っていても
心はそこを見てないんだろうな。

なんか、久しぶりに空を見たな・・・

そう思えたら、少し心が上向いて来た証拠。
逆に、心が沈んでどうしようもないときは
少し意識して、空を見上げるようにしています。
何も感じられなくてもいい。
まずは、意識してみることで
心が外に向かい始めるんじゃないかと、信じて☆





[PR]
by colorfuldays | 2016-07-01 01:15 | 自分探求

数年前の自分

会社を辞める前の数年間、
毎晩終電、お昼もゆっくり食べれない日々が続いていました。
仕事中心どころか、仕事しかできないって状況で
休日はぶっ倒れていました。
文字通り「忙殺」って感じです。

仕事ぶりは、とても認めてもらっていて、
お客様からの信頼もあり、周りはいい人たちばかり、
そう言う意味では何も問題はなかったんだけど、

このまま、1人で年とって行っちゃうのかな・・
結婚したいのに、合コンに行く気力すらない・・
これが「私の人生」なのかな・・
って、暗い気持ちになっていました。

なんか・・長い長いトンネルの中を必死で走ってる感じ?
周りも、同じような辛さを持った子達ばかりでした。

みんな頑張ってる。
周りの、すごーーーく青く見える芝生を横目に、
いっぱいいっぱいで頑張ってる。

ネイルをしたり、おしゃれをしたり、女子会をしながら、
「まだ大丈夫」と自分に言い聞かせることで、
奮い立たせて頑張っていました。

けど、あとで振り返って、気づいたことがあります。

その辛い時期は、自分にとって何が大事か、
一番クリアになった時期でもあったんです。

多分、人は、限界の中でこそ、
必死で「光」を探すんだと思います。
自分にとっての光です。

あの時期は、本当に辛かったけど、
帰りの電車で何度も泣いたけど、
だからこそ、
何が嫌で、何が平気で、何が楽しくて、何が不要か、
どんな人に側にいて欲しいのか、
どんな風に側にいて欲しいのか、
自分にとって、本当に必要なものが見えたんだと思います。

今、私が大切に思えていることは全て
あの時期に見つけたものばかりです。
少なくとも、種はそこで拾いました。

「苦しいときがチャンス」

ホントに苦しいときに、そんなこと言われたらイラッとするけどw
無理にチャンスを拾う必要はないから
今の苦しさが、未来の自分を幸せにするのかもしれないって
思えたら、少しは救われるんじゃないかな。




[PR]
by colorfuldays | 2016-06-26 01:38 | 自分探求

動けない時②

b0045387_23135384.jpg
動けないときは 動かなくていい
下を向いててもいいんだ
だからこそ 見つけられるものがあるから


もう、この言葉に尽きるのだけど、
動けないとき、無理に動いても良いことないです。

わかってても動かなきゃって思っちゃうよね〜。
でも、ホント、ロクなことない。
だから、一旦、やめてみよう。

「無理に動こうとしてる自分」は
「早く楽になりたい自分」であり
「何かにおびえている自分」であることに気づこう。

もちろん、自分自身では、そんな自覚ないですよ。
むしろ「問題に正面から向き合ってる自分」に見えてると思う。

けど・・・迷走するだけだよね。
(心のどこかで、気づいてるよね)

だから。
とにかく、どうしていいかわからなくなったら、
一旦、休憩しよ。

休憩って何かっていうと・・

まず、問題に対して、
「どうすればいいんだろう?」じゃなくて
「どうしたい?」って自分に一回聞いてあげる。
そして、心の中で
「今はわかんない。でも、いつか答えを見つけるぞー!」
って決めて、心に留めておく。

で、その後は、休憩に突入。
全然違うことしてみよう。
今やりたいと思うこと、楽しいこと、なんでもいい。
心を解放しよう。

そうやってれば、答えは引き寄せられる。
どこか、全然関係ないところで、きっかけに気づける。
ぜったい、ぜったい気づける。
きっかけが見つかれば、
そしてそれが、本当に自分にとって正解だったら、
自分でも驚くくらい勝手に動き始める。
理屈じゃない!って、心が体を動かす。
だから、大丈夫。
安心して、好きなだけ休憩しよう。

ちなみに、
答えを出したつもりでも、問題が繰り返すときは、
きっと、出した答えは正解ではない。
もう一回「どうしたい?」から始めようね。








[PR]
by colorfuldays | 2016-06-19 00:17 | 自分探求

動けない時①

b0045387_23062022.jpg
外は広く明るいのに なぜだろう ここから動けない
扉は いつだって開くはずなのに


理想の形、あり方、未来
そんなものがクリアになればなるほど、今とのギャップに愕然とします。
行きたい場所への道のりの長さに、途方に暮れる。
そして・・・焦る。
なんとか、最短距離で、あっという間にたどり着きたくなる。

夢でも恋愛でも、同じですよね。
はやく「めでたし、めでたし」なラストシーンに自分を登場させたいのです。

昔、友人が、のたまいました。
「運命の赤い糸があるなら、すぐ目の前に連れて来てほしいよね。
 もう、迷わず、すぐに籍入れる。
 恋愛期間なんて、いらないいらない!めんどい!」
・・・衝撃でしたが、わからなくもない。おかげで何年たっても忘れられませんw

とはいえ、そうはいかない。
ゴールが見えれば楽になるけれど、やっぱりそこまでには道のりがある。

その間の、不安、焦り、モヤモヤ、「今」を否定している罪悪感・・・
そんな気持ちを、うまく乗り切るコツってなんだろうって考えてみた。

まずは、ひとつめは・・・
「今の等身大の自分を受け入れる」ってことじゃないかな。

振り返れば「今」だって、過去の自分が選択し続けて出来上がった未来のはずなのに、
そこを居心地悪いと思っている自分。
嫌になったりしますが・・・、
いろいろ選択してたどり着いた場所が居心地悪くなってしまったのは、
おそらく自分が成長してる証なんです。
だけど、自分でそれを認められない。
変わらずにいなければと、自分を責めてしまう人は多いです。

もちろん、変わらずにいられるなら、素敵です。
でも、現実に変わって来ているのなら、
そこを踏まえないと始まらないよね。

「事件は現場で起きてるんだ!」(古い・・・しかもちょっと違う・・)

自分は変わっていないはずだ、ここにいるべきだと、
無理に同じ場所にとどまろうとしても、
結果、自分の自我がより一層暴れてしまい、
それを続けていると、結局、自分だけでなく周りの大切な人たちをも、
知らず知らずのうちに、無理をさせたり苦しめることになるんじゃないかな。

だから、「今の自分の想い」をちゃんと受け止めよう。

そして、今の自分をふまえた上で
まだ動けない自分、迷ってる自分、混乱してる自分などなど
「今の状態」も受け入れよう。

ふたつめは、次回☆


[PR]
by colorfuldays | 2016-06-14 23:44 | 自分探求

ワタシの魅力②

b0045387_21564337.jpg
1ミリも恥じることなく 咲き誇れたなら

先日の「魅力」続きですが。
日本人は、セルフイメージが低いって言われます。
他国の文化に疎いなりにも・・・わかる気がする。
褒められても、
「全然!そんなことないよ〜」
「いえいえ、ワタシなんて・・・」
こう言わないと社会人としてヤバい、という空気を感じます。
時には、大切なパートナーや子どもさえも、落とします。

けど・・・

心から褒めたら、心から喜ばれたいなー。

そう思ったときから、不必要な謙遜をやめ、
褒められたら、自分の素直な反応を返すことにした。
「ありがとう、嬉しい!」「ほんとに?はずかしい〜」などなど。

もちろん、日本人としての美的感覚は大切にしたいと思っています。
ポイントは「表現の方法」ではなく「心の中の受け止め方」です。
たとえば・・・
「過度に」「幾度となく」繰り返される謙遜が、
いつしか脳に刷り込まれ、
いつしか自分の思考と同化し、
謙遜した自分がセルフイメージとなり、
結果、「自信のない自分」として、思い描く理想との間に、
「勝手に」壁と枠を造り上げて行く・・・
そんな自己否定に繋げないようにしなきゃ、と思います。
(ちょっと極論ではあるけれど)

セルフイメージを適切に保つ、つまり、ちゃんと自分を認めてあげるって、
案外大事だと思います。
恋愛、仕事、いやもっと小さな、例えば今日を楽しくいるためにも。

だって。。
もしハイビスカスが「ワタシは派手だから・・・」って自信なさげに咲いてたら
ワタシの目を引きつけるかな?
ワタシの心を、明るくしてくれるかな?

先日書いたのは、1st Step.「与えてみよう、褒めてみよう」ってこと。
2nd Stepは「不必要な謙遜はやめて、受け取り上手になろう。」
堂々と、咲き誇れる日を目指して。



[PR]
by colorfuldays | 2016-06-08 22:24 | 自分探求